美人の欠点を人と一緒
美人の欠点を人と一緒
ホーム > 日記 > 大人ニキビはホルモンバランスの乱れから

大人ニキビはホルモンバランスの乱れから

二十代に入ってからできるニキビのほとんどは、こめかみから頬、あごにかけてを患部とする、いわゆる大人ニキビです。

大人ニキビは、思春期のそれとは違って、皮脂分泌の比較的少ないところに出るとされています。

その理由は、発生原因が単なる皮脂の過剰ではないから。

大人ニキビは、ホルモンバランスが乱れることにより発生することがほとんどなのです。

二十代に入れば、生理周期も安定してくるからホルモンバランスは思春期よりも整うんじゃないの? と思うかもしれませんが、大人になって社会で働き始めると、人間はそれまで経験したことのなかったさまざまなストレスを感じるようになります。

お金のこと、上司や同僚のこと、恋人のこと、結婚のこと、仕事のやりがい、天災、親の老い、運動不足、電磁波の影響などなど……

それらのストレスは、呼吸を乱し、内臓器官の機能を委縮させ、自律神経のアンバランスを生み出し、やがてホルモンバランスまでも乱してしまいます。

すると女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌が高まってしまい、かさついているのに皮脂もたくさんでてきたり、その皮脂が毛穴から流れ出ず詰まってしまったり、また肌の生まれ変わりが遅くなって汚れがずっと残り続けてしまうことになるのです。

その結果できるのが、大人ニキビなのです。

http://okanana.biz/