美人の欠点を人と一緒
美人の欠点を人と一緒
ホーム > 美容 > 頬が赤くなる原因はいくつ思い浮かびますか?

頬が赤くなる原因はいくつ思い浮かびますか?

頬が赤くなる原因はいくつ思い浮かびますか?結構悩んでいる人がいるんです、どんなケースがあるか考えてみましょう。

シミといえば日焼けで紫外線を浴びすぎると、生成されるメラニン色素によるシミを思い浮かべるかも知れませんが、紫外線を浴びなくても、実は、赤ジミという手で擦ったりする物理的な摩擦や刺激でできるシミがあるのです。

うっすらと赤みを帯びた斑点のよううな、刺激を受けやすい頬骨の辺りにできるのが特徴です。

ニキビ痕による赤みは、ニキビによる肌ダメージがまだ残っている状態です。

ニキビの炎症が残っているので、まだ赤くなっており、これはニキビ痕の初期段階で、徐々に赤みが茶色に変色し色素沈着してくるので、色素沈着前に手を打つことが大切です。

敏感肌の方も肌の層が薄くなっている状態で、ちょっとした刺激でも肌の炎症を起こし、さらに肌が薄い分、内側にある毛細血管が透けて、赤みが一層見えてしまいます。

乾燥肌の方も、乾燥で肌荒れがひどくなり、赤みをおびてくる場合があり、指先などぱっくり割れてあかぎれになります。

あと紫外線アレルギーで肌が赤みを帯びる方がいます。

日焼けとは違い、赤みの他にプツプツとした湿疹やかゆみがある場合はあ紫外線アレルギーを疑ったほうがよいです。

化粧品が合わない場合も赤みが出る場合があります。

肌に合わない化粧品の成分による刺激で、使い続けると赤みが出てきたりします。

赤みの他に湿疹やかゆみがある場合、アトピー性皮膚炎の場合があり、大人になってから発症すると、全身ではなく首から上に症状がでやすいです。

赤ら顔が恥ずかしいと思ったら使う化粧水